みち草ぼうぼう♪

welcome to 多歌子's blog

Category [つくる ] 記事一覧

スポンサーサイト

料理の達人が絶対つくらない一品

大好きなミュージシャンの友達、須藤かよちゃんが、新天地へ移住する。今日(日付的には、もう昨日)は、その彼女の移住祝いを兼ねたライブ&一品もちより祭りだった。彼女は、ピアノの達人でありながら、料理の達人でもある。そんな彼女に、いったい何をお祝いに作ったらいいんだろう。うーん、、、、、、そうだ!彼女が絶対に作りそうにないもの、思いついたー!じゃーん♪名前が入ったケーキ♪以前、私の誕生日に友達が準備してく...

久しぶりの料理ネタ

フレッシュ・トマトとバジルのカッペリーニブルーチーズと豆腐のクリームソースカッペリーニ(ほっそいパスタ)って茹でるの難しー(>_<)茹でてる最中にくっついて束になりやすいし、茹で上がりもなーんか素麺みたいになっちゃいます(^_^;)ちょいとそこの料理人様!ご教授くださいましm(_ _ )m...

焼きビスケット

チーズケーキの台に、と思って買って、結局余ってしまった百均ビスケットちょっと古くなってたので、オリーブオイルで焼いて塩を振ったら、揚げパンみたいな味になったなんか、はまりそ…...

オサレな野草

生のルバーブを初めて手に入れたルバーブのジャム、好きなんだよな甘酸っぱくてうちにやってきたルバーブくん達も、ジャムになってもらおうね♪まずは、生のまんま端っこをひとくちんー意外と酸味なくて、あっさりあれ?この食感と味…どっかで食べたような…あ!イタドリ!そうかルバーブってイタドリの仲間だったのねイタドリと言えば、生長し過ぎた奴を食べ過ぎて、酷くお腹を壊した思い出が…(イタドリには蓚酸が含まれるので要注...

ある日突然♪

チーズケーキが食べたくなることってありませんか?!ありますよね!?ええ、ありますとも、、、というわけで、冷凍室で長らく眠っていた賞味期限切れのクリームチーズを、草木も眠る丑三つ時に叩き起こして、作ってしまいましたいろんなレシピまぜまぜの、ニューヨーク・スタイル、、、というか、ニューヨーク・スタイルのチーズケーキって、どんなんだ?ま、台にはシナモンとグローブ、生地にはレーズンとハッサク・ピールが入っ...

涙の果て

タマネギを切ると、号泣するそう、目に滲みて滲みて、その後、何もできなくなるくらいに、、、昔、某宿泊施設の厨房で働いていた時、大量のタマネギのみじん切りをするのに、どうしても号泣してしまうので、道具部屋にあった水泳用のゴーグルを借りて、かけてみたほんの冗談でやってみたのだけれど、これが本当に凄い威力スタッフ仲間の唖然とした顔も、この快適さの前には、少しも気にならない以後、厨房には、エプロンとともに、...

ロー・トリュフ

ローフードという「食」のスタイルが、数年前からアメリカを中心に、一部で注目されている基本は菜食食品に元来含まれる酵素を破壊しないで体内に取り込むために、とにかく食品を加熱しない状態で食べる、、、ということらしい食べることひとつとっても、いろんな考え方があるんだな場合によっては、「これがいい!」と言われるものが、流派(?)によって全く正反対だったりもする結局は何が一番いいのかわからない体の中で起こって...

お菓子の家

クリスマスに、お菓子の家を建てた建材を仕入れに出向いたホームセンター(=普通のスーパー)で、思案することしばし建てていたら、ホンモノのサンタが、、、♪柱と壁:食パンしっくい:イチゴジャムセメント:チョコレートクリーム屋根瓦:ココア味のスナック庭石:カラーラムネ&ココア味のスナック庭木:キノコの山いちご味雪:ヨーグルト&粉砂糖侵入者:サンタクロース(特別出演)...

目玉オヤジの火あぶり

またまたヘンてこりんな料理を作ってしまったそもそも私は、ヘンな食材が売られているのを見ると、自分で調理してみたくなる習性があるもっとも、青山や麻布あたりの高級スーパーに行けば、見たことないようなへんちくりんな野菜やらサボテンやらが、しれっと並んでいるのは知っているけれど、そういうお高くてすました奴らには興味はない(きっぱり)でも、庶民的なごく普通のスーパーで、店長がある日突然血迷って、うっかり入荷し...

まいぶーむ

以前、玄米を水に浸けたのを忘れていて、そのまんま発芽しそうになった事件のことを書いたあの時は、半分冗談だったでも、それが確信犯になりつつある今日このごろ少し前から、「玄米発芽させて食べようぜプロジェクト」が、私の身辺で密かに始動している発芽玄米って、お店で売ってるのは、とても高価だけれど、うちで発芽させてしまえばなんのことはない放置すりゃいいわけだしま、そうは言っても生命体(玄米って、お米が産まれ...

ご案内

アクアリウム

月齢

プロフィール

多歌子

Author:多歌子
(takako)
無国籍雑食民族系うたうたい。うたつくり。ヴォイス・トレーナー。
バックパックを背に、地球の上をほっつき歩き回り、インド、チベット、アフリカ、中南米、日本(奄美、沖縄、北海道etc.)等で、歌声や楽器という共通の言葉を通して、各地の人達と、交流を重ねる。インド、ダラムサラでのサロン・コンサートや、西チベット、カイラスでの音楽セッションなど各地で参加。西アフリカ、ガーナでは、民族楽器を学ぶ傍ら現地ミュージシャンのステージに立つ。
Popでエスニックな地球の音世界を追いかけ、民族楽器やダンス等との即興コラボレーションも行う。
一番好きな楽器は人間の声。
お絵描き&ビター・チョコレート大好き♪

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

movie of an improvisation

齋藤美樹個展でのLivePainting(音楽を担当)、編集版

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

いらっしゃいませ♪

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。