みち草ぼうぼう♪

welcome to 多歌子's blog

Archive [2009年11月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

発芽ぐれふる

最近、私の身辺で、発芽旋風が吹き荒れている玄米の発芽大作戦は、なんとなく要領がわかってきた、、、と、思いきや、次なる発芽ミッションが、、、その依頼主は、しばらく台所の片隅に忘れ去られていた、グレープフルーツくん今日、恐る恐る剥いてみたら、果実の中で種から芽がぴよよん♪ま、グレープフルーツの種がぴょいと発芽してるくらいは、巷でよくあることではあります(^_^;)でも、今日のヤツは、かなり気合いが入っていた...

女は化ける、、、人はそれを「お化け」と言う

化粧が苦手だ、、、顔にお絵描きするような感覚は、嫌いではないでも、それは、アイシャドウや口紅などの、ポイントメークに言えることあのファンデーションの圧迫感とは、きっと一生わかり合えないかも、、、昨日、お仕事で、きっちりメークしなければならない場があった出かける前、珍しく時間があったので、メークに時間をかけてみたいただいた試供品のファンデーションを試してみるだって、こんな時にしか、使わないから、、、...

豊作なり♪こふく亭収穫祭♪WorkShop&Live@11.15

声のリズム遊びワークショップ「ザ・野菜ケチャ」 &  Live            by 多歌子(vocal, percussion)                 in こふく亭 収穫祭 2009見渡す限り一面に秋の彩りをまとった山林から、はらはらと舞い落ちる木の葉のフブキそんなとびきりの景色につつまれて、こふく亭の収穫祭に参加してきました当初は、ワークショップだけの予定でしたが、ご好意で、鍵盤ハーモニカの第一人者、夏秋文彦さん...

まいぶーむ

以前、玄米を水に浸けたのを忘れていて、そのまんま発芽しそうになった事件のことを書いたあの時は、半分冗談だったでも、それが確信犯になりつつある今日このごろ少し前から、「玄米発芽させて食べようぜプロジェクト」が、私の身辺で密かに始動している発芽玄米って、お店で売ってるのは、とても高価だけれど、うちで発芽させてしまえばなんのことはない放置すりゃいいわけだしま、そうは言っても生命体(玄米って、お米が産まれ...

実りの秋、ワークショップのお知らせです

今週末の日曜日、山梨県は白州の自給自足型レストラン、「こふく亭」の収穫祭にて、「声のリズム遊びワークショップ」をいたしますこふく亭のある白州は、サントリーの「南アルプスの天然水」の工場などもある、水のきれいな高原地帯秋空の下、週末に南アルプスの麓まで、ちょっとドライブしてみませんか?-------声のリズム遊びワークショップ「ザ・野菜ケチャ」           by 多歌子(vocal, percussion)      ...

冬虫夏草

虫が、地面から生えているキノコを食べるのに、特に残酷さとかは感じないでも、キノコが、生きている虫の体内に巣くって、やがて体表を喰い破って成長する様は、やっぱりちょっとコワいお互い様なのにねー気づかないうちに、弱者(喰われる者)と強者(喰う者)の関係式が、私の中で出来上がっているキノコだって虫ぐらい喰うわよー...

ここから先へ

自慢じゃないけどモノモチ(物持ち)がいいどちらかと言うと、モノが好きで、モノに愛着を持ってしまうタチだそんな私が、今日、たくさんの思い出(が詰まったアレコレのモノ達)を、西八王子にあるお気に入りの古道具屋さん、ハープスに、一気に里子に出した実に、巨大な紙袋(結婚式の引き出物が入っていた)2杯分!西八王子って、うちからだと、遠路はるばるって感じだったけど(正直、交通費もバカにならない遠さ(笑))、好き...

大陸の味覚の記憶

メカジキと大根のローズマリー煮作って、お皿に盛り付けたら、なんだか懐かしい空気が漂った旅先の屋台でよく食べていた、白い琺瑯の洗面器に盛られたぶっかけご飯これが、見た目のワイルドさに反して、思いの外美味しいんだな大抵は、肉か魚と野菜を、塩とハーブで煮付けてある大好きな肉ジャガなんか見つけた日には、飛びついていたレストランを営む料理人の友達(日本人)に、私の料理はアフリカっぽい、と言われたことがあるこれ...

普通に子供

祝日の午後、開け放した窓の外から、元気な子供の声がする誰かが、仔ネコをみつけたらしいそれで、大騒ぎの気配小学生かな、、、男の子達数人の声が飛び交うそれぞれが一生懸命な顔が目に浮かぶキラキラした昼下がり、、、ふと、日曜日に新宿で観た、小さなJazzドラマーを思い出した子供ながらに、大人並みの能力を持っている小学生いわゆる普通の天才そして普通の子供彼は、普通に、自分と同年代の子達と、遊んでいるかなぁ親に内...

普通に天才

友達のお誘いで、新宿都庁前で開催された、ミュージック&リズムス TOKYO KIDS 2009 に参加してきたそこでゲスト出演していた可愛いJazzドラマーしょっぱな、ボレロのテーマが流れ出した瞬間に私は息を飲む「この子、タダモノではない、、、」そして実際、普通にタダモノではなかった(笑)(単に、私が知らなかっただけか、、、)その演奏、まじ、ぶっ飛び「天才」とう言葉を、私はあまり気軽に使いたくないのだけれど、普通に天才...

ご案内

アクアリウム

月齢

プロフィール

多歌子

Author:多歌子
(takako)
無国籍雑食民族系うたうたい。うたつくり。ヴォイス・トレーナー。
バックパックを背に、地球の上をほっつき歩き回り、インド、チベット、アフリカ、中南米、日本(奄美、沖縄、北海道etc.)等で、歌声や楽器という共通の言葉を通して、各地の人達と、交流を重ねる。インド、ダラムサラでのサロン・コンサートや、西チベット、カイラスでの音楽セッションなど各地で参加。西アフリカ、ガーナでは、民族楽器を学ぶ傍ら現地ミュージシャンのステージに立つ。
Popでエスニックな地球の音世界を追いかけ、民族楽器やダンス等との即興コラボレーションも行う。
一番好きな楽器は人間の声。
お絵描き&ビター・チョコレート大好き♪

最新記事

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

movie of an improvisation

齋藤美樹個展でのLivePainting(音楽を担当)、編集版

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

いらっしゃいませ♪

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。