みち草ぼうぼう♪

welcome to 多歌子's blog

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここから先へ

自慢じゃないけどモノモチ(物持ち)がいい
どちらかと言うと、モノが好きで、モノに愛着を持ってしまうタチだ

そんな私が、今日、たくさんの思い出(が詰まったアレコレのモノ達)を、
西八王子にあるお気に入りの古道具屋さん、ハープスに、一気に里子に出した
実に、巨大な紙袋(結婚式の引き出物が入っていた)2杯分!
西八王子って、うちからだと、遠路はるばるって感じだったけど(正直、交通費もバカにならない遠さ(笑))、好きなお店にでないと、どうしても里子に出す気になれないものがいっぱいだったから、ま、それはよしとしよう

帰り道、昔、イラストと写真の個展をやらせていただいたカレー屋さん、奈央屋に立ち寄る
5年ぶり
あいわらず可愛くて居心地のいいお店
カウンターに座って、メニューを眺めていると、
店主の奈央さんが、
「もしかして、5年ぶりくらいですか?…あ、それとも初めて?」
、、、、、、、
うわ~♪
感激♪
覚えてて下さったんだ~♪
そもそも、今日、沢山のブツ達を里子に出した、ハープスさんとの出会いも、この奈央屋さんからだった
さっそく奈央さんに、今日、ハープスに、いっぱい思い出のブツ達を置いてきた話をした

奈央さん「どうして、手放す気になったんですか?」
私「古いモノを手放したら、新しいモノが入ってくるような気がして、、、」
奈央さん「ふう~ん。そうなんですか~」

この「ふう~ん。」に、私は、はっとした
よく、巷でこういう会話をすると、私の応えに対するリアクションは「うんうん、そうだね~」と、賛同されることが多い
それは、何かを手放そうとする私の一抹の寂しさに対する、友達ならではの気遣いもあるのかもしれない
でも、奈央さんはとてもクールだった
肯定も否定もしない
そして、それがとても新鮮だった

古いモノを手放したら、新しいモノが入ってくる、というのはある意味詭弁かもしれない
ただ捨てるだけでは、何も入ってはこない




昔、路上詩人が色紙にしたためていた言葉を思い出した

大切なのは、
捨てる勇気と拾う努力

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

アクアリウム

月齢

プロフィール

多歌子

Author:多歌子
(takako)
無国籍雑食民族系うたうたい。うたつくり。ヴォイス・トレーナー。
バックパックを背に、地球の上をほっつき歩き回り、インド、チベット、アフリカ、中南米、日本(奄美、沖縄、北海道etc.)等で、歌声や楽器という共通の言葉を通して、各地の人達と、交流を重ねる。インド、ダラムサラでのサロン・コンサートや、西チベット、カイラスでの音楽セッションなど各地で参加。西アフリカ、ガーナでは、民族楽器を学ぶ傍ら現地ミュージシャンのステージに立つ。
Popでエスニックな地球の音世界を追いかけ、民族楽器やダンス等との即興コラボレーションも行う。
一番好きな楽器は人間の声。
お絵描き&ビター・チョコレート大好き♪

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

movie of an improvisation

齋藤美樹個展でのLivePainting(音楽を担当)、編集版

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

いらっしゃいませ♪

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。