みち草ぼうぼう♪

welcome to 多歌子's blog

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレィシア

東室蘭の駅で、乗り継ぎ列車を待つ
ふと見ると、同じホームに、長身金髪の女性バックパッカー
声をかけてみるとロシアの大学生だった
名前はオレィシア
日本の文化が大好きで、独学で勉強した日本語を駆使して、ヒッチ中心に日本を廻ること数ヶ月
北海道にいると、なんとなくロシアが近いような気がする
稚内からサハリンまでフェリーで行けるからかもしれない
でも、ロシアは広い
オレィシアは、ロシアの一番西、位置的にはノルウェーの近くから来た
ロシアの西の端から東の端のウラジオストックまで、二週間かけてヒッチで横断、そこからフェリーで富山へ
「だってサハリン-稚内航路は高いんだもんっ」
む、なかなかのツワモノ…

彼女の趣味は渋い
禅やお神楽に興味がある
訪れるのは、ガイドブックに載っている名所ではなく、日本の雑誌の切り抜きを沢山持っていて、「ここへ行きたい」
それは、日本人の私でも聞いたことのない、でも確かに素晴らしい仏教彫刻や日本庭園の写真だった
ある意味わかりやすい京都や奈良ではなく、新潟や兵庫の山深い所にありそうなお寺
確かに、ロシアの西の端っこから来れば、日本国内の移動なんて大したことないんだよな


今思えば、ヒッチで回っている彼女が、なぜ私が出会ったその時に限って電車に乗っていたんだろう
でも、荷物に持っていた巨大な時刻表が、彼女の役に立った


彼女とは、函館のフェリーターミナルで別れた
青森港からヒッチで恐山まで行くと言っていた






この秋の出来事
今頃彼女は北極圏の自宅に戻っているだろう

私もオーロラ観てみたいな♪

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

アクアリウム

月齢

プロフィール

多歌子

Author:多歌子
(takako)
無国籍雑食民族系うたうたい。うたつくり。ヴォイス・トレーナー。
バックパックを背に、地球の上をほっつき歩き回り、インド、チベット、アフリカ、中南米、日本(奄美、沖縄、北海道etc.)等で、歌声や楽器という共通の言葉を通して、各地の人達と、交流を重ねる。インド、ダラムサラでのサロン・コンサートや、西チベット、カイラスでの音楽セッションなど各地で参加。西アフリカ、ガーナでは、民族楽器を学ぶ傍ら現地ミュージシャンのステージに立つ。
Popでエスニックな地球の音世界を追いかけ、民族楽器やダンス等との即興コラボレーションも行う。
一番好きな楽器は人間の声。
お絵描き&ビター・チョコレート大好き♪

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

movie of an improvisation

齋藤美樹個展でのLivePainting(音楽を担当)、編集版

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

いらっしゃいませ♪

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。