みち草ぼうぼう♪

welcome to 多歌子's blog

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暮れゆく北国の年の瀬に♪小樽なまらやLive@12.26

多歌子(vocal, piano) live
         with 岡田浩安(サンポーニャ, guitar...etc.)



クリスマスの翌日のライブが終わり、結局その後もしばらく小樽に滞在して、久しぶりの北国の冬を味わって来ました

あけましておめでとうございます


遅くなりましたが、liveのご報告を


クリスマスの翌日、外は吹雪
会場のなまらやさんでは、朝から除雪機出動の、寒い寒い一日でした

そんな中、
この秋に東京から札幌へ嫁いできたばっかりの友達が、
雪にうもれながら(?)小樽まで訪ねて来て下さいました
実は彼女と会うのは、今回で2回目
1回目は、彼女が阿佐ヶ谷で当時経営していたカフェで、何かと話が盛り上がって、、、
でも、まさか次に会うのが小樽になるとは、、、
人の繋がりって、なんだか不思議です

一方、仁木町に住む友人は、
せっかくお仕事のお休みをとってまで、楽しみにしていてくださってたのに、
吹雪で閉じこめられて出られない
と、ライブ開始の少し前にメールが、、、

ホント、北国に住むというのは、生半可なことではないですね
「真っ白の銀世界きれい~
なーんて、悠長なこと言ってる場合ではありません
ホント、、、


会場は、今回で3回目のliveになる、小樽の洋食台処なまらやさん
旅の途中で小樽という街に惚れ込んで、結局は住み着いてしまったご夫婦のお店です
お料理、はっきり言って美味しいです(笑)

それから今回は、さらに嬉しいことに、
ジャバラさん、吉倉ベルさん、
2組もの方々が、liveのオープニングを飾ってくださいました
ありがたや、、、


そしていよいよはじまり~

まずは、ベルさんがギターかかえてステージへ
彼の無骨な歌のスタイルは、ファンの方も多いのに、
live前日の夜に急遽出てくださることになったのでした
彼は、舎とまやという旅人宿の宿主の顔も持つ、ミュージシャン
ある時は、ゆきだるま作家でもある、、、
この日は、パートナーのサリーちゃんと、とまやのアイドル、然太と芽生も客席に


続いてのジャバラさんは、今回の会場、なまらやさんつながりで、初めましてだったのですが、
とても味のある世界でした
アコーディオンとリコーダーとギターの組み合わせから生まれる、
ノスタルジックで怪しさ満点なサウンド
ゆっくり客席で聴きたかったです

liveの後は、恒例のなまらや料理を囲んでの打ち上げ
この席で、上にも書いた札幌からの友達が、ジャバラのリーダーのスズエさんと不思議なところで繋がってることが判明
世の中、どこで何と出会うか、ホントにわかりません

後日談ですが、年明けの札幌の雑踏の中で、
私はこの日共演した岡田さんの奥さんと真っ正面からばったりだったし、、、

これからもまた、いっぱい出会って、
次から次へと繋がっていくといいなー



今回の曲目リスト(【 】内は、登場した主な楽器)

opening act 1
 吉倉 淳(ベル)

opening act 2
 ジャバラ


多歌子 with 岡田浩安

 大潮の夜なのに【Zanpona, sequencer】
 朱~AKA~【Piano, Zanpona】
 destination【Piano, Quena】
 白でもなく黒でもなくペールブルーの朝【Tambourine, Guitar】
 Full Moon Blues【空き缶, スプーン, Tambourine, Guitar】
 このは【Guitar】
 My Grown-Up Christmas List【Piano, Zanpona】

 happy birthday -instrumental version-【Piano, Zanpona】
 The Remains Of The Day【Quena, sequencer】
 Indigo Blue Poppies【Quena, sequencer】
 岡田浩安コーナー【Zanpona】 
 Go Along A River(松本雄吉/詞,内橋和久/曲)【Quena, Zanpona, 他】
 I Remember you(おおたか静流/詞.曲)【鳥笛, Bell, Quena, Zanpona, 他】
 the Same【Piano, Guitar】

 Feathery Storm【Piano, Zanpona】




その後、とまやに泊まりに行きました
5歳の然太が、私の曲の一節を覚えて口ずさんでくれて、びっくり
思わず抱きしめてちゅーしたくなりました(未遂におわりましたが


                    ありがとうございます


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

アクアリウム

月齢

プロフィール

多歌子

Author:多歌子
(takako)
無国籍雑食民族系うたうたい。うたつくり。ヴォイス・トレーナー。
バックパックを背に、地球の上をほっつき歩き回り、インド、チベット、アフリカ、中南米、日本(奄美、沖縄、北海道etc.)等で、歌声や楽器という共通の言葉を通して、各地の人達と、交流を重ねる。インド、ダラムサラでのサロン・コンサートや、西チベット、カイラスでの音楽セッションなど各地で参加。西アフリカ、ガーナでは、民族楽器を学ぶ傍ら現地ミュージシャンのステージに立つ。
Popでエスニックな地球の音世界を追いかけ、民族楽器やダンス等との即興コラボレーションも行う。
一番好きな楽器は人間の声。
お絵描き&ビター・チョコレート大好き♪

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

movie of an improvisation

齋藤美樹個展でのLivePainting(音楽を担当)、編集版

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

いらっしゃいませ♪

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。