みち草ぼうぼう♪

welcome to 多歌子's blog

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月のない夜

月のない夜の帰り道、うちの近所の道のど真ん中に、何かがころがっていた。
私の横を通りかかった車のヘッドライトに照らされて、浮かび上がる影。
車は、一瞬止まって、その横を避けて通っていった。

長く伸びて、ごろんとした毛のかたまり。

ネコの亡がらだった。

むくむくしてて、手足としっぽが濃い茶色のグラデーション。
頭のあたりに赤いのがちらっと見えた。

住宅街の中の生活道路だから、車の往来はほとんどない。
それでも、あまりに道のど真ん中。
そんなにのびのびころがってたら、また轢かれちゃう。。。

えーん
どうしよう。。。
ほっとけない。。。

一端そのまんま横を通り過ぎて、家に帰るとすぐに新聞紙を手に引き返した。

誰かに見られたら、怪しまれるだろうなー。。。
そんなこと心配するまでもなく、あたりは人通りも車の通りもない。
ちょっと、ほっ。
薄暗い道の真ん中、街灯にぼやんと照らし出された、亡がら。
上からそっと、顔を覗き込んだけど、頭がつぶれていてよくわからなかった。
アスファルトに血が少しついていた。
でも、体全体はふわふわの毛に包まれていて、とてもきれいだった。

そっと新聞紙をかけて、その上から抱き上げた。
しっかり重みのある体は、硬直していた。

はじめは、この仔を道のど真ん中から道端に移動させて、そのまま立ち去ろうと思っていた。
ところが、ここは住宅街。
道端っていうのはすなわち、誰かの家の玄関先になってしまう。
どうしよう。
やっぱり家の人は嫌だよなぁ。。。
真昼間なら、保健所とかに電話したら、処分しに来てくれるのかもしれないけれど、、、

しばらく考えた末、現場からちょっと離れた空き地に連れていくことにした。
草ぼうぼうで荒れ放題のところ。
穴を掘って埋めてあげることまではできないけれど、
ここなら、誰からも嫌な顔をされることなく、しずかに眠っていられるだろう。
枯れ切った草むらの間に、運んできた亡がらをそっと寝かせた。
枯れ枝にしっぽがひっかかった。
手で持って、体と一緒に草の影に隠した。
焦げ茶色の毛並みがつやつやしていて、長くてきれいなしっぽだった。



飼い主さんは、この仔が帰ってこなくって、さがしているかな。
最後に食べたご飯は何だったのかな。
この仔は愛されていたかな。
この仔の人生(猫生?!)は、幸せだったかな。

あたりに、お供えになるようなお花がないか見回したけれど、なかった。
ちょっと、悲しかった。
ごめんね。



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

アクアリウム

月齢

プロフィール

多歌子

Author:多歌子
(takako)
無国籍雑食民族系うたうたい。うたつくり。ヴォイス・トレーナー。
バックパックを背に、地球の上をほっつき歩き回り、インド、チベット、アフリカ、中南米、日本(奄美、沖縄、北海道etc.)等で、歌声や楽器という共通の言葉を通して、各地の人達と、交流を重ねる。インド、ダラムサラでのサロン・コンサートや、西チベット、カイラスでの音楽セッションなど各地で参加。西アフリカ、ガーナでは、民族楽器を学ぶ傍ら現地ミュージシャンのステージに立つ。
Popでエスニックな地球の音世界を追いかけ、民族楽器やダンス等との即興コラボレーションも行う。
一番好きな楽器は人間の声。
お絵描き&ビター・チョコレート大好き♪

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

movie of an improvisation

齋藤美樹個展でのLivePainting(音楽を担当)、編集版

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

いらっしゃいませ♪

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。