みち草ぼうぼう♪

welcome to 多歌子's blog

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

present

友人から、こんな話を教えてもらいました
実話なのか、そうでないのか、わかりません
もともとは英語なのを友人が訳して送ってくれました
この物語の最後には、こういう言葉が添えられていました
「今日という日は贈り物。だから、今この瞬間のことをPresent(=現在)というのです 」

-------------------------------------------------------


同じ病室に、重い病気を抱えた二人の男性がいた。
一人は毎日一時間、午後に肺の水分を出せるように、ベッドで上半身を起してもいいことになっていた。
彼のベッドは、その病室にある唯一の窓のすぐそばにあった。

もう一人の男性は、ずっとベッドに寝たきりだった。
彼らは、何時間も話をするようになった。
妻や家族、家庭、仕事、軍隊に行った経験、それから休暇はどんなところへ行ったかなどについて語り合った。

毎日午後、窓の横の男性が体を起こすと、同室の男性に窓から何が見えるかすべてのことについて説明した。
もうひとつのベッドの男性は、その一時間の間、外の世界での様々な出来事や色彩を想い浮かべて、自分の世界が広がり、元気づけられてくのを感じた。

その窓からは、きれいな池のある公園が見えた。
子どもたちが模型のボートを浮かせて遊んでいる横で、あひるや白鳥が水で遊んでいた。
様々な色の花が咲き乱れている中を、若い恋人たちが腕を組んで歩き、街のスカイラインが遠くに見えた。

窓際の男性がとても詳しく外の素晴らしい様子を説明してくれる間、もう一人の男性は眼を閉じ、その光景を想像するのだった。

ある暖かい日の午後、窓際の男性はパレードが横切っていく様子を語ってくれた。

もう一人の男性は、たとえバンドの音は聞こえなくても、彼の心の目で、窓際の男性が語ってくれる言葉を思い描くことができた。


それから何日、何週間、何か月と時は過ぎて行った。

ある朝、看護婦が二人の体を拭くための水を運んで来た時だった。
看護婦は、窓際の男性の体から命が抜け出てしまっているのを見つけた。
彼は寝ている間に、安らかに逝ったのだった。
悲しみにくれながら彼女は病院の担当者たちを呼び、遺体は運び出されていった。


もう一人の男性は、適当な時をみて、窓際に移してもらえるか、尋ねた。
看護婦は、喜んで場所を変えてくれ、彼が心地よいかを確認して病室を出た。

ゆっくりと、痛みをこらえながら、彼は体を起して本物の外の世界を眺めようとした。
ゆっくり、ベッドの横の窓から外を見ようと体を曲げた。

そこは、なにもない壁に面していた。

男性は看護婦に尋ねた。あの亡くなったルームメイトは、窓の外の素晴らしい出来事を説明してくれていたが、何が彼を駆り立てていたのか。

看護婦は、彼は目が見えなくなっていて、そこに壁があることすら見えなかったのだと言った。
「おそらく、あの人はただあなたを勇気づけたかったのじゃないかしら」

Comment

 

せつなくもいい話だったので、
もう人に話しちゃいました。
  • posted by すぐる 
  • URL 
  • 2009.09/05 22:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

すぐるさん
ありがとうございますe-51
私は、はじめこれを読んだ時、O.ヘンリーの小説を思い出しました
窓際の男性も、もうひとりの男性に外の世界のお話しをすることによって、誰よりも自分自身が元気になれていたのでしょうねe-144e-339
  • posted by 多歌子 
  • URL 
  • 2009.09/05 22:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

贈り物 

読んで、じーんとしました。
贈り物の大切さを忘れている私は、
もっとシンプルになろうと思いました。
  • posted by ようこ 
  • URL 
  • 2009.09/06 18:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

贈る喜び 

ようこさん
ありがとうございますe-51
誰かへの贈り物というのは、本当は自分自身に贈っているんですよねe-144
まだまだ煩悩まみれな私は、なかなかシンプルになれません
でも、まずは気付くことからって思いますe-420
  • posted by 多歌子 
  • URL 
  • 2009.09/06 22:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

アクアリウム

月齢

プロフィール

多歌子

Author:多歌子
(takako)
無国籍雑食民族系うたうたい。うたつくり。ヴォイス・トレーナー。
バックパックを背に、地球の上をほっつき歩き回り、インド、チベット、アフリカ、中南米、日本(奄美、沖縄、北海道etc.)等で、歌声や楽器という共通の言葉を通して、各地の人達と、交流を重ねる。インド、ダラムサラでのサロン・コンサートや、西チベット、カイラスでの音楽セッションなど各地で参加。西アフリカ、ガーナでは、民族楽器を学ぶ傍ら現地ミュージシャンのステージに立つ。
Popでエスニックな地球の音世界を追いかけ、民族楽器やダンス等との即興コラボレーションも行う。
一番好きな楽器は人間の声。
お絵描き&ビター・チョコレート大好き♪

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

movie of an improvisation

齋藤美樹個展でのLivePainting(音楽を担当)、編集版

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

いらっしゃいませ♪

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。